お知らせ Information

ポリエチレン・コンパクトパイプ工法

下水道管きょ更正工法 -形成工法・熱形成タイプ-

 ポリエチレン・コンパクトパイプ工法は、ドラムに巻いたC型形状の高密度ポリエチレン性のパイプを入孔より既設管内に引き込み、蒸気加熱と圧縮空気により円形に復元させ既設管に密着させ、老朽した既設管を更正する下水道管きょ更正工法である。

 Φ200~Φ350mmまでの施工を基本とし、自立管強度を有しかつ高密度ポリエチレン特有の破断時における伸び率が350%以上と大きいことから、地震により発生する地盤の歪みや地盤沈下による屈曲等にも対応、更正材自体が破断や割れを起こしにくい為、耐震化に適用した工法です。

ポリエチレン・コンパクトパイプの特徴
ポリエチレン・コンパクトパイプ工法 イメージ
ポリエチレン・コンパクトパイプ工法 施工の流れ