企業情報 Company Profile

経営理念

経営理念 「守」「破」「離」

「守破離」

そもそも「守・破・離」の起源は、世阿弥が「風姿花伝」で記した、能の精神である「序破急」が根底にある思想とも言われていますが、もっともらしいのは、高坂弾正昌信の「甲陽軍鑑」に記された兵法用語で、この段を千利休が「利休道歌」で詠み、これを江戸千家の川上不白が「不白筆記」、横井淡所の「茶話抄」等で説き、修行する者の「道」の指針となったそうです。
「守・破・離」は、現在では広く日本の武芸に使われるようになり、習い事をする上での心構えとなっていますが、この考え方は既に武芸やスポーツに留まらず、ビジネスでの仕事を習得する心構えにも応用されています。


「守」とは、決まり事や作法、或いは基本となる「型」を正しく守りつつ修行し、それをしっかりと身に着ける段階(基本)をいう。

「破」とは、こうした基本や型を自分なりに工夫し、徐々に基本を破り発展する段階(応用)をいう。

「離」とは、型そのものから離れ、独創的な新しい道を確立させる段階(独自性)をいう。




※「利休道歌」
規矩 作法 守り尽くして 破るとも 離るるとても 本を忘るるな

※「川上不白筆記」
守破離と申三字ハ軍法の習二在リ。守はマモル、破ハヤフル、離ははなる、と申候。弟子に教ルハ此守と申所斗也。弟子守ヲ習熟し能成候へば自然と自身しりヤブル。是ハまへに云已が物二成りたるが故也。上手の段也。扱守ニテモ片輸、破ニテモ片輸。此上ニツヲ離レテめい人の位也。前の二つを合して離れて、しかもニツヲ守ル事也。此守は初ノ守トハ違也。初ノ守ト今此守ト如何。此一段ハ誠二一大事の教也。工夫有へし

※「茶話抄」
或時、武家万上手下手を問ふ、予答テいふ、守破離と云事軍法用、尤用方違ひ候へ共、茶道二取て申候ハゝ、守ハ下手〈尤常躰ノ下手トハ違ひ候、事サヲシテ夫ニツナカレタル物也、守株待兎、〉破ハ上手〈尤常ノ破トハ違候申候、守テ破ル也、時二寄テ守ルモ法、破ルモ法也、見風遣帆、〉離ハ名人〈常ノ離タルトハ違候、事サヲ壷シ、離レテ守ル、応無所住而生其心、〉