TECHNOLOGY技術情報

  • PFL工法 下水道管渠更生工法
    既設老朽管きょ内面に補強材を取り付け、その後、高密度ポリエチレン製のPFLパネルを設置し、既設管とPFLパネルとの隙間に高強度、高流動のモルタルを注入することで老朽管を更正する工法です。
  • PML工法 下水道マンホール更生工法
    環境負荷の少ないポリエチレンのライナーが防食膜を受け持ちます。大掛かりな機材を使いませんので当然、作業の騒音などは少なくり、また、有害な有機溶剤等は使用しませんので作業をされる方に健康な環境を提供します。
  • ポリエチレン・コンパクトパイプ工法
    ドラムに巻いたC型形状の高密度ポリエチレン性のパイプを入孔より既設管内に引き込み、蒸気加熱と圧縮空気により円形に復元させ既設管に密着させ、老朽した既設管を更正する下水道管きょ更正工法です。